バイアブルビジョンの取り組み方法

やるべきことがあまりに多い中、特に数多くの現場の改善活動が全体の成果に結びつかないとき、どうやったら集中すべきところがわかるのか?


バイアブルビジョンでは、集中しコアの問題だけに取り組みます。

 

よいソリューションとは、将来のパフォーマンスを脅かすことなく、また組織の他の部分に問題を発生させることなく、問題を解決するものです。


  バイアブルビジョンの全体最適のアプローチでは、現在の、そして未来の組織全体のパフォーマンスに目を向けます。

どんなによいソリューションであっても実行がまずければ、成功に結びつくとは限りません!
 

一つひとつ、はじめのアクションが、目に見える結果を出すことを確認します。それぞれの部門間のコラボレーションがより強くなるように変化を引き起こします。