繊維

主要課題

アパレルブランドや小売店、流通業者の戦略的なパートナーに、どうやったらなれるのか?


絶え間なく削減要求に晒されているコスト重視のこの業界で、どうやったら望むような利益を維持することができるのか?

この業界の競争ルールを変える方法はあるのか?

新しい発想で課題に取り組むことで画期的な成果はもたらされます。

繊維産業は、実際の需要のずっと前に何をどれだけ作るかを決めなければならないという、とても柔軟性が低く融通が利かない現状に悩まされています。顧客への柔軟性を創りだすことが、取引先を増やすキーとなります。

新しい発想で製品開発、素材調達、製造、顧客の実需要への対応に取り組むことで画期的な成果はもたらされます。

幅広い産業界の経験に裏付けられ、ビジネスリーダーによって実践されてきたゴールドラットコンサルティングの確固たるTOCの手法とITツールは、キーとなる制約に集中することによって、目覚ましい成果をもたらします。
 


事例


75カ国以上に輸出している家庭用繊維製品の会社で、世界最大級のバスタオルメーカーである。

  • たった6ヶ月で、違約金および空輸の費用が前年の10%以下にまで激減。
  • 納期遵守率が40%から90%にまで向上。
  • 8ヶ月の間に、制約となっていた設備(たとえば、織機)に20%の余力が顕在化。
  • 24週間以内に仕掛が49%減少。

 詳しくはこちらまでお問い合わせください


info.jp@goldrattgroup.com