小売業

主要課題

他の小売チェーンとの差別化をどうやったら実現できるのか?


既存の店舗の利益率を改善するにはどうやったらいいのか?


ディスカウントに頼ることなく、来店者数を増やし、かつ実際に購入した顧客転換率を上げるためにはどうやったらいいのか?

より少ない在庫で売上を増やし、しかも、お客様に適正な選択肢を提供するにはどうやったらいいのか?
 

ROIを減らすことなく、ビジネスを拡大するにはどうやったらいいのか?


店舗のオペレーションの安定性を実現するにはどうやったらいいのか?
 

新しい発想で課題に取り組むことで画期的な成果はもたらされます。

幅広い産業界の経験に裏付けられ、ビジネスリーダーによって実践されてきたゴールドラットコンサルティングの確固たるTOCの手法とITツールは、キーとなる制約に集中することによって、目覚ましい成果をもたらします。ゴールドラットコンサルティングは、変動する需要に対応するためのSKUごとの補充管理、市場の変化に対応するためのダイナミックな品揃えマネジメント、店頭での販売プロセスの三つで構成された、全体最適のオペレーションを可能にします。商品の仕入れや生産から店頭での陳列、そして不動在庫一掃までの、商品の流れ全体のマネジメントを実現します。
 

事例


Guararapes社はブラジル最大のアパレルの企業グループで、素材の糸から、クレジット決済まで幅広く事業展開しています。グループ内で最大の小売りチェーンであるLojas Riachuelo社は、国内に200以上の店舗を持ち、総売上げは20億ドル以上にのぼります。


Lojas Riachuelo社は過去5年で100店舗から200店舗へと目覚ましい成長をみせ、今後も年40~50店舗のペースで拡大する計画です。


「部分最適」から「全体最適」へのパラダイムシフトを起こしました。サプライチェーンの各所で個々の効率にこだわることをやめていき、全体の流れを良くすることに集中するようになりました。



フラヴィオ ロカ  
Riachuelo社  会長兼CEO
 

 


フラヴィオ ロカ会長兼CEOのインタビューを読む