製薬

主要課題

どうやったら新薬開発の流れを加速し、効率の良いサプライチェーンを構築し、高い利益率を維持することができるのか?


どうやったら新薬開発期間を劇的に短くできるのか?


生産をボトルネックにしてはいけない。しかし、どうやったら国ごとに異なる規制に対応しながら、柔軟な生産を維持することが可能なのか?


新薬開発プロセスの中で繰り返し行われる実験の成功率を、どうやったら上げられるのか?
 

新しい発想で課題に取り組むことで画期的な成果はもたらされます。

ゴールドラットコンサルティングは、新薬開発プロジェクトのポートフォリオと、サプライチェーンを管理する全体最適のオペレーションを可能にします。新薬開発の成功率を向上させ、API(医薬品有効成分)から薬局に至るまでの、柔軟で効率化されたサプライチェーンを実現させます。

幅広い産業界の経験に裏付けられ、ビジネスリーダーによって実践されてきたゴールドラットコンサルティングの確固たるTOCの手法とITツールは、キーとなる制約に集中することによって、目覚ましい成果をもたらします。
 


事例


Dr. Reddy’s Laboratories社は、20億ドルを超える売上げを誇る、ジェネリック薬品やAPI(医薬品有効成分)を扱うグローバルな製薬会社です。
 
生産、研究開発プロジェクト、サプライチェーンにおいて、全体最適のマネジメント変革としてTOCを導入しました。
 

  • 工場の生産量が49%向上
  • 生産リードタイムが35%減少
  • 新薬の導入数が118%向上
  • 世界中の流通チャネルで実需に基づいた供給をすることで、サービスレベル向上

「ゴールドラットコンサルティングが重視するのは結果だけでなく、そこにたどり着くまでの過程も含んでいます。キーとなるのは、すべての重要なオペレーションにおいて、結果につながる強力なプロセスを持つことです。このような全体最適の考え方を得たことが最大のメリットです。会社全体の歯車が噛み合って、ものごとが進んでいます。」



 


Mr. G. V. Prasad 副会長、CEO
  
 

 

 

「ゴールドラットのプロジェクトにおける改善の主要な活動は、CCPMと流れの概念を導入することによって、製品開発の生産性を向上させることでした。新薬開発のサイクルタイムと納期順守率は約45%向上しました。」



 

Mr. Saumen Chakraborty 社長,CFO,ITおよびビジネスプロセス国際統括責任者

(ビジネストゥデイ誌によるBest CEO2014 総合優秀賞者)

 

ロジスティクスウィーク誌に掲載された記事を読む

「Dr Reddy’s Laboratoriesは複雑で入り組んだサプライチェーンを洗練させ、急成長をもたらした」  
 

Dr Reddy’s Laboratories社がTOCを用いて実現した、卓越した研究開発マネジメントについてのプレゼンテーションを見る