製造業

主要課題

生産を制約とせず、市場のニーズに柔軟に対応する能力を確保するにはどうしたらいいのか?


生産負荷や需要予測が変動し続ける中で、サイクルタイムや納期遵守率をどうやったら改善できるのか?

工場の真の生産性を上げ、仕掛や完成品在庫を減らすにはどうやったらいいのか?

新しい発想で課題に取り組むことで画期的な成果はもたらされます。

受注生産、在庫生産、タッチタイムの割合が大きいライン、流れラインなど、多種多様な生産環境が存在します。どんな生産環境であっても、幅広い産業界の経験に裏付けられ、ビジネスリーダーによって実践されてきたゴールドラットコンサルティングの確固たるTOCの手法とITツールは、キーとなる制約に集中することによって、目覚ましい成果をもたらします。

  • 生産の流れを加速し、リードタイムの大幅な改善をもたらすTOCの生産マネジメント手法(DBR)によって、より短い納期でより高い信頼性のある生産現場を実現する。
  • 原材料・仕掛品・完成品、サプライチェーン全体を通じた大幅な在庫削減を実現する。
  • 潜在する余剰キャパシティを明らかにし、投資を増やすことなく会社の売上増加を実現する。


事例

9つのビジネスユニットからなるアメリカのElwoodグループの一社、Elwood City forge社は、高度な技術で、高品質な重金属の鍛造生産とマーケティングを一手に引き受けています。 

  • 特注品の合金鍛造で、他社を凌駕する8~16週間のリードタイムで「信頼性と迅速性」という顧客に対する価値をつくり上げました。
  • 生産マネジメント手法を導入することで、納期遵守率は56%から96%に向上し、 リードタイムは50%以上も削減しました。
  • 厳しい市場環境にも関わらず、一人当たり総粗利貢献額は最高記録を達成しました。

「大成功でした。この業績を誇りに思います。実現を援助してくれたパートナーの皆さんに感謝します。」 - Elwood City Forge社 社長 ダン・ハミルトン