MRO(保守、修理、点検)

主要課題

納期が極めて重要なクライアントに対して、どうやって不確実性に対処するのか?


現場に過剰な負荷を与えることなく、より多くの受注を得ながら、最短の納期を守るにはどうすればいいのか?

顧客、内部リソース、ベンダーなど、全てのステークホルダーの仕事を同期させるには、どうすればいいのか?

不確実性を軽減し、バッファを持って対応するための特定のツールが必要です。新しい発想で課題に取り組むことで画期的な成果はもたらされます。

幅広い産業界の経験に裏付けられ、ビジネスリーダーによって実践されてきたゴールドラットコンサルティングの確固たるTOCの手法とITツールは、キーとなる制約に集中することによって、目覚ましい成果をもたらします。

  • TOCのプロジェクトマネジメント手法CCPMを適用することで納期短縮を加速させる。
  • TOC流のフルキット(万全の準備)を実施することで、準備不足の状態でのタスク着手を防ぎ、それぞれの組織の機能を超えた、より頻繁な調整を可能にし、不要な行きつ戻りつの試行錯誤を減少させ、仕事の同期を向上させます。
  • 消費の変動に対応するために、適正な場所に適正なバッファを設けることで、最小かつ欠品のない部品在庫状態を実現し、さらに、ベンダーと仕事の流れをより良くするために仕事のやり方を見直すことによって、ベンダーのパフォーマンスを改善する。
  • 目覚ましいパフォーマンスをベースに、戦略的に選択したクライアントに対して、価値に基づいた強固な継続的関係をつくる。

事例

世界中の主要な航空会社で、旅客機の保守、修理、点検に活用されています。

  • 完了までの時間を30%削減
  • 保守、修理、点検をしている間の運航停止期間を60%以上削減
  • 収益を70%以上増加

詳しくはこちらまでお問い合わせください

info.jp@goldrattgroup.com