エンジニアリング

主要課題

割高な特急対応をしなくても、高い信頼性を武器に注文を勝ち取るにはどうやったらいいのか?


手戻りを激減させると同時に、時間のプレッシャーに対応するには、どうしたらいいのか? 最初から手戻りなくやる方法はあるのか?

新たなリソースを投入することなく、生産性を向上させ、納期を短縮するにはどうやったらいいのか?

新しい発想で課題に取り組むことで画期的な成果はもたらされます。

幅広い産業界の経験に裏付けられ、ビジネスリーダーによって実践されてきたゴールドラットコンサルティングの確固たるTOCの手法とITツールは、キーとなる制約に集中することによって、目覚ましい成果をもたらします。

  • 営業、設計、調達、生産を適切につなげることで、引き合いに対する対応の流れを良くする。
  • TOCのプロジェクトマネジメント手法CCPMを適用することで、プロジェクトの流れを加速し、手直しを減少させ、極めて高い信頼性を実現する。
  • 設計、調達、生産、工事(設置)における流れを妨げる障害を取り除くことで、行きつ戻りつの試行錯誤や初期不良の発生を減らす。営業部門と連携し、オペレーションにおける飛躍的な改善を活用することで、取引先を大幅に増やす。


事例


Swiber社は幅広いオフショアエンジニアリング、調達、工事(設置)、建設、メンテナンスを提供する世界有数のエンジニアリング会社です。


同社は13億5000万ドルの受注実績を誇り、世界各国の石油・ガス会社からの高度な要望に、極めて高い実行能力と技術的経験で応えてきました。


 「Swiber社のフローマネジメントは滞留をなくすことに尽きます…安全性を脅かすことなく、プロジェクトのために、流れをよくすることだけに集中して行動します。」 ORD担当役員 Mr. Aw Eng Lim