消費財

主要課題

売れ筋商品の機会ロスを徹底的に削減するとともに、次世代の売れ筋商品のためにどうやってイノベーションを起こし、新商品を創り続けたらいいのか?


販売機会を逃さないようにするにはどうすればいいのか?

シェアを拡大し、棚スペースを広げるために、小売業者や卸売業者との間で永続的な本当のwin-winの関係を構築するにはどうすればいいのか?

新しい発想で課題に取り組むことで画期的な成果はもたらされます。

幅広い産業界の経験に裏付けられ、ビジネスリーダーによって実践されてきたゴールドラットコンサルティングの確固たるTOCの手法とITツールは、キーとなる制約に集中することによって、目覚ましい成果をもたらします。

  • 価値をベースにしたTOCの分析ツールによって、商品やビジネス取引のありかた・ビジネスモデルデザイン・リスクの高いプロジェクト管理を革新し、市場の流れを変えるような画期的な新商品を創出する。
  • TOCのプロジェクトマネジメント手法CCPMを適用することで、プロジェクトの流れを加速し、手直しを減少させ、プロジェクトの期間を大幅に削減する。
  • 調達、生産、物流のリードタイムを短縮することで、実消費に素早く応答するシステムを構築し、過剰在庫を削減する。
  • 価値をベースとした取引を構築することによって、小売業者と共にシェアを拡大。チェーン内のサイロ(組織の壁)を壊し、応答力と柔軟性を高める。ディストリビューターや小売業者と強固な関係を作り出し、商品の回転率を向上する。

事例

 日本におけるヘルスケア商品

オムロン ヘルスケア株式会社は売上高900億円。家庭用・医療用健康機器を世界中で開発・販売しています。同社は家庭用デジタル式血圧計の分野で革新的な商品を開発したことでよく知られています。

日経ビジネスに掲載された「納期を13分の1に短縮」を読む。

オムロン ヘルスケアは全体最適のTOC戦略を導入

  • 小売業者にとって優れたサービスを提供することで市場シェアを拡大。
  • 98%以上のアベイラビリティを維持しながら、サプライチェーン全体の在庫レベルは40%も削減。 
  • 生産能力は倍増。
  • NPI(新製品導入)サイクル時間を30%削減し、市場に投入するまでの時間を大幅に短縮。

「ゴールドラット博士と議論した際、博士はオムロンの企業理念や事業開発に深く共感してくださいました。そして、私たちがとてつもない飛躍の可能性を持っていること、また社会的責任があるのだということに気付かされました。」 オムロン ヘルスケア株式会社 生産統轄部生産戦略部長 北垣政隆